ホーム>よくある質問

よくある質問

デントリペアのよくある質問

Qデントリペアって?板金塗装との違いをおしえてください。

Aデントリペアの修復跡は発見することが出来ない綺麗な仕上がりです。板金塗装の、実に半額以下!!(板金見積もり20万円が1.5万円なんてこともよく有ります!)

作業時間がほとんどのケースで1時間以内に終了いたします!つまり、デントリペアは 綺麗!安い!早い!を実現し、修復暦などで愛車の価値を落とさない、とってもエコロジーでメリットいっぱいの修復方法です。

 


 

Qどんな場所・サイズでもデントリペアで直してもらえますか?

Aペイントレス・デントリペアは万能な修復方法ではありません。条件によっては修理をお断りすることがあります。サイズは1センチ以下のわずかな歪みから30センチを超える大きな凹みまで対応できますが、内部構造や凹みの症状により判断は変わってきます。

まず一度お見積もりをさせてください。 他店でお断りされた、他店の仕上がりに疑問が・・と言う事例にも対応いたしております。
どのような場合でも何なりとお問い合わせくださいませ。

 


 

Qデントリペアで直せない凹みはありますか?

Aパネルの隅など鉄板が折り返しになっている部分で、凹みを裏側から押し出すことが不可能な場合や、極端に大きなダメージを負った凹みはデントリペアでの修復がとても困難になります。停車時ではなく走行中に接触し発生した凹みは直せないケースが多いです。

お見積もりは無料です!『例えばこんな凹みでもデントリペアで修理できるの?』なんて気軽さでご相談ください。

 


 

Q車を預けなくても、すぐに直してもらえますか?(預けた場合代車はありますか?)

Aデントリペアでの作業時間は15分から1時間ほどです。難易度の高いものでも2時間を越えるものはほとんどありませんが、場合によっては一日お預かりすることもあります。

申し訳ございませんが、現在代車のご用意はございません。ご了承くださいませ。

 


 

Qデントリペアで修理後、仕上がりが変化することはありますか?

Aデントリペアでは経年変化による色あせの心配はありません。また、板金塗装のようにパテ痩せや、洗車・コーティングによる変化もありませんので、ご安心ください。

 


 

Qポリマー・ガラスコーティングしていますが大丈夫ですか?

A基本的に問題はございません。但し、凹みの箇所に小傷がついていたり、相手の塗装が固着している場合は、 コンパウンド等を使用することがあります。その場合、再度コーティングが必要になるケースも考えられます。

 


 

Q塗装が剥げている場合はどうなりますか?

A塗装が剥げていても、凹みだけを直すことはできます。

「キズはタッチペンで直すから、凹みだけデントリペアで直してほしい」とリクエストされるお客様も多くいらっしゃいます。
まずは、お気軽にご相談ください。

 


 

Q自分で車を持っていかなくても出張してもらえますか?

Aお客様のご自宅や職場等、ご指定の場所までお伺いし、その場で見積もりやデントリペア施工サービスをさせていただけます。

お気軽にお問い合わせくださいませ。
 

 


 

Q見積もりだけでも大丈夫ですか?

A無料でお見積りいたしております。

ご来店いただいてのお見積りも可能ですが、不在にしていることも多いため、ご連絡いただいてからのご来店をお願いいたします。
見積もりだけでも結構ですので、気になる凹みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 


 

Qキャンセルはできますか?

Aキャンセルは可能ですが、お早めにご連絡をお願いいたします。なお、その際のキャンセル料は頂戴しておりません。

また、ご予約のお日にち・お時間の変更等もお早めにご連絡くださいませ。

 


 

Q輸入車でも対応してもらえますか?

Aペイントレス・デントリペアの専門店として、様々なお車に対応することができます。ご安心ください。

 


 

Q複数のへこみを一度に施工していただきたいのですが、割引等はあるのでしょうか?

A当店では複数の凹みを同時に依頼していただくと大幅に割引させていただくシステムがございます。ご友人のお車と一緒にご来店・ご依頼いただきましてもSET割引の対象とさせていただきます。

その他様々な企画で対応させていただいております。是非ご相談ください。

 


 

Q保険は適応できますか?

A現在では多くの保険会社がペイントレス・デントリペアの工法を認知されており、問題なく車両保険などを適応することができます。お気軽にお申し込みください。

 


 

Qヘコミを直す工具などを使って、自分で直したいのですが・・・。

Aオススメはできません。ご自身で試みた結果、元のヘコミの状態を悪化させてしまったお客様からの修理依頼もあります。悪化してしまった状態のヘコミは、通常の作業より時間も料金も上回ってしまいます。 腕のいい技術者に任せていただいた方がいいと思います。 

ページ上部へ